夜行バスで旅費を節約して旅先で何をしよう!?

夜行バスのメリットは費用が安いこと

夜行バスは、夜、出発地からバスに乗れば、翌日の早朝に目的地についているという「時間の短縮」が大きなメリットといえますが、他にもメリットとしてあげられるのが「費用が安いこと」です。例えば東京ー大阪間を新幹線で移動する場合、13000円程度の費用がかかってしまいます。しかし夜行バスを利用すると、10000円程度にまで安くすることができます。往復で考えると5000円以上は得をすることになりますので、宿泊をする場合にはビジネスホテル1泊分の料金にはなりますし、お土産やその土地でしか食べられない料理にお金をかけるということができてしまいます。交通費を安くして現地でお金を使いたいという場合にも夜行バスは適しています。

もっと安くなることも

夜行バスの東京―大阪間が10000円程度になると書きましたが、実際には1000円台から夜行バスを利用することができます。格安の夜行バスの特徴は座席が観光バス同様の4列シートなので、その分狭さを感じてしまうという点ですが、不便なところがある分だけ費用は安くなります。「ある程度の快適な状態を保ちながら、夜行バスで交通費を節約したい」という場合には、各交通会社の割引サービスを利用しましょう。学生割引や、指定の日数までに予約・チケットの購入、ネットでの購入で夜行バスの料金が割引になるサービスが行われています。また、夜行バスに空きがある時だけになりますが、直前に予約や購入を行うことで、直前割によって料金の割引を受けることができることもあります。